トップ >> 白衣サービス
データコードラベルについて
独自の二次元データコード・ラベルを開発。ユニフォームの情報管理も万全です。
 ホスト・コンピュータでの一元管理体制。
各々のユニフォームに貼付したデータコード・ラベルによって、個人別リース物件(=ユニフォーム)貸与のデータベースを作成。これをもとに、抗菌効果保全のためのクリーニング回数チェックはもちろん、回収/納品の確認、使用状況(補修・交換)など、個々のリース物件管理はすべて当システムが行います。

 ユニフォーム管理業務がなくなります。
独自に開発したデータコードラベルによりホスト・コンピュータで一元管理しますので、発注、貸与、予備在庫、クリーニング代金など事務処理、管理業務が不要になります。

 利用状況は明細リストで一覧に。
クリーニングの回収/納品ごとに明細リストを作成。毎月のリース使用状況を明細リストで一覧にしてご報告いたします。また、職員の入退職による契約内容の変更もデータベース上で即座に変更いたします。

●入退職にともなう予備在庫、中古在庫管理業務も必要ありません。
●退職者の物品は引き取ります。
●クリーニングやリフォームの依頼も簡便です。
●月の在籍人数制によって正確に計算されるので、余分な経費はかかりません。


PH PH PH

 データベースによる徹底した物件管理。
PH当システムは、個々のリース物件(=ユニフォーム)についてコンピュータによる情報管理を行うこととし、120回の商業洗濯にも耐え得るラベルを研究開発し、2000字の情報をメモリーすることのできる二次元データコードをユニフォームに取り付けました。これを読み取ることで、病院名・使用者名・物件名や洗濯回数を正確に把握することが可能となり、ユニフォームの効率的な運用や安定した性能保持が実現でき、物件データベースを保持することで唯一、リース契約が可能となりました。また、データベースにより徹底した物件管理を行いますので、ユニフォーム行方不明等のトラブル、問合せにはいつでも対応可能です。回収/納品時の病院職員の立ち合いはもちろん、職員の入退職にともなう被服の新品在庫のストック、中古在庫の保管・管理は一切不要です。この情報管理システムにより、職員の入退職による物件の異動の把握、在籍人数制による正確なリース料金の計算ができます。
データコードで洗濯回数をチェックし抗菌性能を正確に把握するとともに、医療スタッフに対し感染予防対策の意識の啓蒙を、患者や外来者に対してはホスピタル・アメニティの向上を目指していることを積極的にアピールすることができます。

 二次元データコードラベル
独自の布ラベルは、モザイク模様状に印刷された「二次元データコード」により2000字にもおよぶ情報をメモリーすることを可能にし、目視でのユニフォーム選別を実現しました。
PH PH

   
   
Copyright (C) 2008 hal systems co.,ltd All Rights Reserved.